あぽPokéPOST

ただのポケモン日記。それ以外の何物でもない

【ポケモンSM】メガシンカしない、ミズZギャラドスという可能性

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

現在のサンムーンシングルレーティングの環境にて、よく使われているポケモンの一体にギャラドスがいます。

この記事を執筆時点(2017年5月)で、使用率9位とかなり上位にいます。

正直な話、ポケモンバンク解禁されたらギャラドスはかなり数を減らすんじゃないのかなと思ってたんですけど全然そんなことはなく。むしろどんどん数を増やしているような気もします。

いや、ギャラドス関係は色々と予想外でして。ゴツメギャラとかがもっと増えると思ってたんですけどそんなこともなく、以前メガギャラドスが主流という状況。

そんな状況の中で、あえてメガシンカしないギャラドスを使うのはどうなのかなーってのを少し考えていまして。

ということで今回はメガシンカしない、ミズZギャラドスの可能性を考えていこうと思います。

f:id:apokaru:20170508174034j:plain

ギャラドスのスペック

タイプ:みず/ひこう → メガギャラドス タイプ:みず/あく

特性:いかく → メガギャラドス 特性:かたやぶり

種族値:H95 A125 B79 C60 D100 S81 → メガギャラドス H95 A155 B109 C70 D130 S81

ギャラドスはメガシンカすることでタイプが変わるというのが特徴ですが、メガシンカ前のみず/ひこうのほうがタイプの優秀さでいえば上なんですよね。

みず/ひこうの場合、弱点がいわ・でんきの二種類に対して、あく/ひこうの場合はでんき・くさ・むし・かくとう・フェアリーの五種類になります。

半減以下に抑えられる数ではほぼ同等のものがありますが、耐性の内容自体がガラッと変わるため、このあたりの使い勝手はパーティにもよってきますね。

メガシンカ後の特性のかたやぶりも非常に強力なものですが、メガシンカ前のいかくも優秀で、ある程度サイクルさせることを考えるのであればメガ進化させないで運用することにも十分利点があります。

ステータスの面ではもちろんメガ進化後のほうが優れていますが、メガシンカ前のギャラドスでも単純劣化でないところがポイントですね。

特に、すばやさに関してはメガシンカ後でも変わらないので、火力の面をフォローできればメガシンカさせないのもありなのではと考えられます。

Zクリスタルをもたせたギャラドスを使うメリットとデメリット

上に書いたことも合わせて、メガシンカさせないギャラドスにZクリスタルをもたせて運用することのメリットを上げていきます。

  • 耐性が優秀

  • 特性をいかくのまま運用できる

  • メガ枠を使わない

  • メガギャラドスがメジャーなことによる選出誘導

  • 一撃だけだが高威力のZ技を使える

耐性と特性に関しては上に書いたとおりですね。

メガ枠を使わないというのはかなり大きな部分で、メガギャラドスを採用する場合は他のメガシンカポケモンが使えなくなってしまうため、他のメガシンカポケモンと同時選出できるというのは大きなメリットですね。

また、ギャラドスナイトの所持率は七割を超えているため、基本的に相手パーティにギャラドスを見かけたらメガであることを想定します。

現在の環境でメガギャラドスを採用する理由のひとつにミミッキュ対策は間違いなくありますし、ギャラドスをみたらミミッキュはかなり出しにくくなります。選出誘導という点でも強力なカードになるんですよね。

さらにはメガシンカしないギャラドスというとゴツメギャラがメジャーなため、メガシンカしないギャラドスとしても相手の意表を突くことができます。

f:id:apokaru:20170508181330j:plain

そして高威力のZ技によって、メガギャラドスでは突破できない相手を突破していくことができるようになり、メガギャラドスを超える突破力をもつことができます。

メリットばかりを並べるとなんかメガギャラドスを使う理由なんてないんじゃ……なんて思われそうですが、その一方でデメリットを述べていくと。

  • 単純にステータスで劣る

  • Z技枠をとる

  • かたやぶりが使えない

ステータスに関しては小さくない部分で、メガギャラドスは耐久面でかなりステータスが上昇するため、起点にできる相手や確定数の面で変わってきます。

メガシンカ枠をとらないことがメリットである一方で、Z技枠をとるというのも、結局一試合で一度しか使えないものを奪い合うという意味では一緒でもありますね。

そしてかたやぶりが使えないというのはやはり大きく、選出抑制ができるとは言ってもそれでも出てくるのがミミッキュですし、かたやぶりが使えたらな~って思うことも多々あります。

特性に関しては両方共強力なものであるため、どうしても一長一短な部分が出てきてしまいますね。

ただ、ここまで書いてきて、メガシンカしないZギャラドスって結構ありじゃね?ってのは伝わったのではないでしょうか。

結局メガシンカしないZギャラドスはあり?

ではここでまとめていきたいと思うのですが、結局のところメガシンカしないZギャラドスはありなのか?というと。

パーティによってはあり、というのが正直なところでしょうかね。

総合的にみればステータスの高いメガギャラドスのほうが安定しますし、やはり耐久面の上昇はかなり大きいです。

とはいえ、相性補完としてのギャラドスはかなり優秀ですし、平均以上の耐久はありますしZ技を含めれば火力も相当なものです。

そもそもみずタイプの物理アタッカーってマリルリかギャラドスぐらいしかいないですからね。

メガ枠かぶりで選出できなくなるのも避けられますし、選出に柔軟性を持たせられるのも大きな点ですね。

そういった点を総合すると、

  • エース運用をするならメガギャラドス。

  • 補完としての採用ならミズZギャラドス。

といったところでしょうかね。

ミズZにこだわる必要はないかも?

ちなみに、持たせるZクリスタルとしてはミズZが第一候補なのは間違いないのですが、他の選択肢もあります。

ミズZ以外の候補としてはヒコウZですね。唯一の物理ひこう技として一応とびはねるをORAS教え技で覚えられるので、ヒコウZでもタイプ一致で高火力を出していけますね。

一応採用率では2%ぐらいはあります。ミズZも採用率ではそう変わらないけども……。

とはいえまぁ、とびはねるは普通に使おうと思ったらかなり使い勝手の悪いわざになってしまうので、安定はやっぱりミズZでしょうかね。

このへんは好みと、あとは意表を突きたいかどうかですかね。

受けにきたフシギバナやその他みずタイプなどのギャラドスを止めに来る相手に刺さりやすいので、止まりやすい相手に対しての役割破壊を考えるとアリっちゃあアリですね。

それではこんな感じで。もし気になったらミズZギャラドス使ってみてください。

意外とメガギャラドスより使い勝手よくね?ってなるかもしれませんよ?

それではそんな感じで。それではまたー。