あぽPokéPOST

ただのポケモン日記。それ以外の何物でもない

【ポケモンSM】型が多いポケモンがやっぱり強い?

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

同じポケモンでも、いろんな型ってものがあります。

型によっては、同じポケモンでも全然違う動きができます。

使用率上位のポケモンってみんな同じポケモンばっかじゃん、なんて言ってる人もいますけど、実際のところ同じように見えて全然違ったりします。

そして対策という点でもまた全然違ったものになってきます。型を読み違えて受けられず、そのまま崩されて負けてしまうなんてこともよくあることです。

ということで、今回は型の多いポケモンが結局強いのか?ってお話です。

f:id:apokaru:20170427205430j:plain

使用率上位のポケモンはやはり型が多い?

まず、PGLの使用率ランキングを見てみます。すでにこれを見るだけで大体の傾向がつかめるのではと思います。

f:id:apokaru:20170621203041j:plain

使用率上位のポケモンは、やはり型が多いポケモンが揃っているように思います。

メジャーな剣舞型からのろいいたみわけ型、トリックルーム展開型などなど、ミミッキュの型の多さはもはや言わずもがな。

使用率2位のリザードンにしたって、そもそも型がどうこう以前にメガシンカが二種類ある時点で受けにくすぎるポケモンですからね。

さらにメガリザードンXにしてもアタッカー型から鬼羽型、メガリザードンYにしてもアタッカー型から耐久に厚くしたHBリザYなどもいますから、型の多さでいえば相当なものですよね。

ランドロスにしたってチョッキ型からスカーフ型、最近ではしんちょうHD型から剣舞Z型など、サンムーンになってからもどんどん新しい方が考えられていっています。

こう見ていくとやはり単純なスペックの高さもそうですが、型の豊富なポケモンが上位に並んでいるのがよくわかりますね。

型によって大きく対処が変わるポケモンたち

型の多いポケモンがなぜ強いのかというと、先に書いたとおり受け方が変わってくるからなんですよね。

ミミッキュというポケモンは、特性ばけのかわによる行動保証が最大の売りで、それによってつるぎのまいを確実に積むことで素の火力の低さを補うのがもっともメジャーな型になっています。

とはいえ、それでも耐久ポケモンには受けられてしまう程度の火力でしかなくって、カバルドンやナットレイを後投げすれば十分対処できてしまいます。

ただミミッキュの場合、通常の剣舞型ならそれでいいのですが、逆にミミッキュより遅い鈍足耐久ポケモンをハメ殺すのろいいたみわけ型なるものも存在します。

のろいいたみわけ型の場合は下からトンボルチェンやちょうはつをかけることで対策はできますが、剣舞型とはまったく違った対処法になってくるわけです。

こうなってくると、安定した対処法というのはなくなってくるんですよね。カバルドンでミミッキュを見ていたのにあっさり突破されてしまうと、そこで負けが確定してしまう場合もあるんですよね。

ほかにも天敵ガブリアスをカモにする鬼羽型メガリザードンXや、めざパしか打点のないサンダーやロトムを起点にしていくHDメガボーマンダなど、本来対策としてメジャーなポケモンを逆にメタった型も多く存在します。

このように、復数の方を想定して、復数の対策を考えさせられる時点で型の多いポケモンは厄介ということですよね。

まとめ:型の多いポケモンがやはり強い?

これはもう間違いないですね、型の多いポケモンは強い。これは断言できます。

単純にスペックの高いポケモンがさらに裏をかいてくると思えば、もうとんでもないですよねこれは。

陰キャナットレイかと思ったらハチマキヤットレイでそのままパーティ壊滅、みたいな展開も何度か経験してますからねぇ。型の多いポケモンはやっぱり強い。

まぁそんな感じで。みなさん型の豊富なポケモンにはお気をつけください。それではまたー。