あぽPokéPOST

ただのポケモン日記。それ以外の何物でもない

【ポケモンSM】ランドロスが便利すぎてパーティに欠かせない存在過ぎる

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ポケモンバングが解禁され過去作のポケモンが環境に入ってきて以来、対戦環境を形作るポケモンの一体がランドロスです。

2017年5月現在で使用率はシングルで7位と、かなり多く使われています。

実際、わたしもよく使っていて、かなり使い勝手のいいポケモンなんですよね。雑に使っても仕事してくれる、すごく便利。

ということで、今回は便利すぎるランドロスを紹介していこうという話です。

f:id:apokaru:20170505135115j:plain

優秀な耐性でじめんとでんきの一貫が切れる

ランドロスの使い勝手の良さはなんといってもそのタイプの優秀さで、じめん・ひこう複合というタイプはでんきとじめんタイプの攻撃を無効にすることができます。

パーティを組むにあたって、一貫しやすいでんきとじめんの一貫を切れる枠というのはかなり重要でして、一体でその両方を担えるランドロスはかなり便利です。

弱点もみずとこおりのみで、メジャーではあるものの2種類のみで弱点も少ないですね。

パーティの相性補完に困ったらとりあえずいれておけば穴を埋めてくれるような、そんなポケモンがランドロスなんですよね。

いかくととんぼがえり

じめんとでんきの一貫を切れるポケモンという点では、実はランドロスだけってわけではないんですよね。

同じタイプのグライオンでもいいですし、ボルトロスもでんき・ひこうという複合タイプながら特性のちくでんによってでんきとじめんの両方を無効化できます。

その中でなぜランドロスが特に多く使われるかというと、やはり特性のいかくの存在が大きいと思うんですよね。まぁそもそもタイプの異なるボルトロスは比較対象にもなりませんし。グライオンはグライオンでまた違った役割を持たせられもしますが。

特性のいかくによって、場に出たときに相手のポケモンのこうげきを一段回下げることができます。これによって、物理主体のポケモンにはかなり強く出ることができます。

さらにとんぼがえりを覚えるので、有利対面からとんぼがえりを使い対面操作をしつついかくを撒いていくことができます。

いかく・とんぼがえりによる高いサイクル性能こそが他のポケモンでは真似できない、ランドロスのユニークな部分ですよね。

一応、アメモースなどもいかくととんぼがえりを両立できますが、タイプもちがって役割も違うので比較する必要はありませんね。

優秀なタイプと、いかく・とんぼがえりによる高いサイクル性能こそがランドロスをランドロスたらしめる重要な要素ですね。

高い攻撃力

ランドロスはいわゆる準伝説のポケモンとなるため、ステータスもかなり高くなっています。種族値合計でいえば600!

特に高いのがこうげきで、こうげき種族値は145にもなります。

これがどれくらい高い数字かというと、性格がいじっぱり(こうげきに補正あり)の場合、努力が無振りでも実数値で181となります。

一般に多く使われるすばやさに補正をかけたガブリアスがこうげきに努力値を全振りした場合の実数値が182ですので、ランドロスの攻撃力がどれだけ高いかわかるのではないかと思います。

極端な話、調整によってはこうげきに努力値を振らなくても十分な火力が出てくるんですよね。耐久やすばやさに努力値を割きやすいのも小さくない魅力ですね。

豊富な型

ランドロスはその攻撃力の高さのおかげで、かなり柔軟に型を作ることができます。

すばやさも種族値も91と中速をやや超える程度であるため、こだわりスカーフとは非常に相性がいいですね。

こだわりスカーフで上を取りつつとんぼがえりでサイクルを回し、いかくを撒きながらじめんの一貫を作って抜いていく。スカーフ型はランドロスを代表する型ですね。

物理耐久に振ったゴツゴツメット型も、いかくによって物理耐久はかなりのものになるので、またタイプも物理受けに向いているためゴツメ型も環境に多く存在します。

とつげきチョッキをもたせて火力と耐久を両立させた型は、いかくによる物理耐久とあわせて高い繰り出し性能でサイクルを非常に回しやすくなります。

きあいのタスキやヤチェのみを持たせることで展開要員としても採用でき、覚える技もステルスロックやじゅうりょく、さらにとんぼがえりだけでなく自主退場技のだいばくはつも使えるため、適正はかなり高いといえます。

最近ではハチマキをもたせた型やZ技をもたせた型、つるぎのまいで受けを突破していく肩までありますね。

こういった、パーティによって多くの方を採用することができるのもランドロスの強みになってきますね。どう調整をしても十分一線級になってくるのはさすがの一言。

帯に短し襷に長しにならないように

このように、非常に優秀なランドロスですが、実際のところ数字が全体的にギリギリで、何でもやらせようとすると器用貧乏になってしまう場合もあります。

自分のパーティではランドロスにどういった役割をもたせたいかを明確にして調整をしていかないと、帯に短し襷に長しになってしまいかねません

むちゃくちゃ便利なポケモンですけど、そこに甘えてしまうとうまく使いこなせないということですね。

しっかりと考えて調整をしていくことで、他のポケモンでは代わりのきかないポケモンになっていきます。

いまではわたしもパーティからなかなか外せない、新しくパーティを組もうとしても入ってくる。そんな存在になってきました。

なかなかレートで勝てないなーって人はぜひとも一度採用してみることをオススメします。マジでパーティに安定感が出てくるのがわかりますから。

まぁわたしもまだまだですので、そのあたりは精進していきたいところですけどね。ではそんな感じで、それではまたー。