読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あぽPokéPOST

ただのポケモン日記。それ以外の何物でもない

【ポケモンSM】シングルレーティングシーズン3の一位構築を分析してみる

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

わたしからみれば遥か彼方の存在なわけですが、レーティングの一位という座は。

シーズン3のレーティング一位の方が構築を公開していますが、なんでしょうかこれ。わたしとは構築を作る考え方とかそういうのがぜんぜん違うんですよね。

もうこういうところが上位陣との明らかな差なのか、もうポケモンってちょっとわからない。

ここはひとつ、勉強でもするつもりで、簡単にですがシーズン3の一位の人の構築を分析してみようかなと。

そんなわけで今回は昨シーズン一位の人の構築の分析記事です。

パーティ構成については下記の記事をご覧ください。こちらでは直接紹介はしませんので。

huyunoyuki1225.hatenablog.com

ガッツリ対面構築

一目見ればわかりますが、この方の構築は完全な対面構築ですね。

シーズン2ではサイクル構築が流行った中で、その流れでシーズン3でもサイクル構築が多かったと思いますが、そこを思いっきりメタった対面構築ということになりそうです。

対面性能の鬼のガルーラとミミッキュに、チョッキスイクンとタスキアシレーヌとかいうなんか他では見たことがないようなポケモンがいたりしますが、スイクンとアシレーヌ自体の対面性能についても言わずもがなですよね。

ゲンガーとカバルドンという強力なポケモンを見せポケにしているのも面白いですよね。4体でほぼ完成している構築というのはすごいことですよね。

正直、自分自身もサイクル構築を使っているので、このパーティに思いっきり崩されそうな感じがすごいんですよね。間違いなく初手に出てくるスイクンかアシレーヌに荒らされてそのままガルーラに押し切られる。

なんか単純なようで読めないし、自分のパーティならどう対処していくのかってのが全然見えないんですよね。最後の最後で出てくるミミッキュに絶望する未来が見える。

相性補完よりも遂行重視

パーティの構築を考えるうえで相性補完というのは絶対考えるものなんですけども、このパーティをみるとほとんど相性補完というのがされていないんですよね。

実際、対面系の構築ってパッと見ちぐはぐに見えてしまうんですけども、このパーティは特にそんな感じがします。

ただこれって、相性補完よりも遂行力を重視しているってことなんでしょうね。基本選出がしっかり決まっているということもあって、下手に受けるよりもとにかく勝ち筋を通していくって感じなんですよね。

簡単に言ってるんですけど、でもこれってめちゃくちゃ難しいことで、こういうパーティを使うのってすっげー怖いんです。だって、下手したら初手で出し負けたらそのまま負けちゃうかもしれないんですもん。

だから一般的には相性補完をとって、多少の出し負けもフォローしていくんですよね。どっちが強いとかそういうわけではないんですけども、こういう構築を使えるのは間違いなく強い人ですよね。

個人的におもしろいと思ったポケモン

たぶんこれはわたしだけじゃないんでしょうけども、一番目を引くのはどう考えてもタスキアシレーヌですよね。

もともと絶妙な耐久をしているため特性のげきりゅうを発生しやすいのがアシレーヌの特徴ではありますが、タスキを持たせてすばやさに振ることで中速帯をある程度抜きつつ初手からの崩しとして確実な遂行力をもたせた感じですね。

げきりゅう絶対発生させるマンのアシレーヌはどう考えても強いですからね。初手からのZ技も透かせますし、相手がタスキでもアクアジェットがある分かなり有利に立ち回れますしね。

わたし自身アシレーヌを使いたくて使っていたところがあるので、こういうおもしろい型を考えられるのは素直にすごいと思うし、使ってみたくなっちゃいますよね。

シーズン4に及ぼす影響

こういうトップ勢の構築って次のシーズンにマジで影響あるので、シーズン4は一周回って対面構築が流行ってきそうな感じですねぇ。

サンムーンのレーティング始まった当初は対面構築が強いと言われていたので、そこに戻る感じでしょうかね。ただ、その時期よりもZ技の研究なんかも進んでいるので、崩しに特化した対面構築はかなり厄介だな-なんて思います。

わたしはマジでサイクルしか使えない人間なので、こういう対面構築が流行ると正直しんどいなぁとは思います。いやーどうなることか。

とりあえずタスキアシレーヌとかチョッキスイクンは変な流行り方しそうなので要警戒ですね。どこまで生き残るかはわかりませんが。

まぁそんな感じで。しっかり分析できていたかはともかく、それではまたー。