あぽPokéPOST

ただのポケモン日記。それ以外の何物でもない

社会人のポケモン廃人の一日

朝起きてまずすることはPGLでレートと順位をチェック。PGLに載ってるレートはすぐには反映されないから、夜寝るまでレートやって朝起きてレートを確認するぐらいがちょうどいい。

朝ごはんを食べながらTwitterでフォローしているポケ勢のツイートを覗いていく。地味な作業だが、これが意外とレート環境の調査につながるので馬鹿にならない。

支度が終わって家を出るまでまだ少し時間がある。出社前の景気づけに一戦だけレートに潜ろう。

……クソみたいな運負けをしてテンションだだ下がりで家を出ることになってしまった。こういう日はろくなことが起きない。

f:id:apokaru:20180206222919j:plain

会社に着くのが思ったよりもギリギリになってしまった。朝から散々遅延行為をかまされたうえに運負けまでしてしまうのだからやってられん。

時間がないため日課のコーヒーが飲めなかった。こういう小さなズレが後に響くんだ。それなりにサラリーマンを長くやっているとこのあたりは自然と理解できてくる。

案の定、仕事がまったく手につかない。時間が足りなかったことによってリズムが合わないというよりも、どちらかというと思った以上に朝の試合を引きずってしまっているみたいだ。

頭の中で何度も反省会をする。たしかにきつい運負けではあったが、そもそも立回りに問題があったのではないか。運負けする余地もなく勝つことができたのではないか。

いやいや無理だろ、麻痺バグ4連発だぞ。誰かしらに麻痺いれられるのは避けられなかったんだから、そんな極端な確率の偏りは考慮してられんよ。

イライラしつつも結局のところ構築に問題があるという結論にたどり着いたところで午前の業務が終わる。おいおい、まったく仕事進んでないぞ……。

さっさと昼食をとる。会社の食堂に味なんて期待していない。腹が満たせられればそれでいい。

むしろ楽しみはこの後である。そう、日課のアイスクリームである。大好きなジャイアントコーン。冬だろうがどれだけ寒かろうがアイスに休みなどないのである。

ジャイアントコーンをぺろりとたいらげてお昼寝タイムだ。いつもレートに潜っていると自然と寝るのが遅くなってしまうため、昼寝で調整をしないといけない。こういった調整はポケモンをやっていくうえで欠かせない。

20分程度のお昼寝だが、これがまたいいんだ。このお昼寝によって午後を乗り越える力を蓄え、ポケモントレーナーとしての夜につなげていく。

午後の業務が始まる。だが仕事なんてまじめに取り組んでいる場合じゃない。構築に欠陥があるというのが午前中に至った結論だ。それを解消できる構築を考えないといけない。

ジャローダを上からワンパンできるポケモンもいなければへびにらみの通らないでんきタイプもいないのが改善を考えないといけないポイントだが、今の構築のままではうまくそこにハマるポケモンがいない。となればこれは構築を解体する必要がある。

一から構築の考え直しである。仕事なんてやってる場合じゃないというものだ。午後の業務の間に構築を考えて、夜のレートで実戦で試していく。そうやってPDCAサイクルをガンガン回していくのだ。

どうでもいいがPDCAサイクルを回すという言葉はサラリーマンポケモン廃人にはピッタリの言葉ではないか。いや、本当にどうでもいいのだが。

構築に行き詰ったときはぽけっとふぁんくしょんで参考になりそうな構築を探す。仕事中?そんなことは関係ない。

午後の時間のほぼすべてを捧げただけあってそれなりに強そうな構築を考えることができた。幸い、すでに持っているポケモンだけで組むことができそうだ。

仕事?そんなものはどうでもいい。まったく片づいていないし、上司にもくどくど言われたがそんなことは些細な事だ。優先度の違いでしかないのだ、仕事はポケモンより遥かに低い位置にある。届かない世界があるってこと。

そそくさと会社を後にする。こんな場所にいつまでもいられるか。ポケモンが待っているんだ。

帰宅してまずはお風呂とご飯の準備である。これは個人的な決め事なのだが、ポケモンをやるのは寝る準備ができてからだ。あとはポケモンをやって寝るだけ、これはある意味でスカーフ持ちの一貫を作るプレイングに似ている。うまく通せると非常に気持ちいいのだ。

だが、ここでも時間を有効活用することは忘れてはいけない。晩御飯を食べながら、リゾートに預けておいたタマゴを割る作業を並行してこなしていく。色厳選の道は険しいので、少しでも試行回数を稼がないといけない。

お風呂の時間ももちろん無駄にできない。湯船につかりながらタブレットで実況動画を観る。このために買った防水のタブレットだ。

最近は毎日動画を上げる実況者が多くなったのでありがたい。人の対戦を観るのはとても勉強になる。自分ならこうする、といったことを考えながら観ていくと自分のプレイングを見つめ直す機会になる。

今日は洗濯をする必要はないので、お風呂から出たらもう寝る準備は整った。さぁ、ポケモンの時間である。

仕事中に考えた構築をまずは試していく。メジャーなポケモンをケアしつつ、崩しを意識した構築ができているはず。やはり勝ち筋を押し付けていく構築が一番強いのではないかというのが持論だ。

何試合かまず潜ってみるが、思った以上にきれいに勝ちを拾っていけている。レート帯がまだ1600ぐらいだからこのあたりで足踏みしているようではそもそも問題外ではあるのだが。

勝てるポケモンは本当に楽しい。構築段階から考えていた勝ち筋がそのまま通せるとむちゃくちゃ気持ちいい。

クソみたいな朝の運負けは引きずったが、その結果なかなかいい構築ができたのではないか。そう思えば一つの負けにも意味があるというものだ。

楽しい時間はあっという間に過ぎる。日付が変わったあたりから終わるタイミングを考えるようにしている。

ポケモン対戦は楽しいし、つい夢中になってしまうがやりすぎるのも良くない。適切に睡眠時間をコントロールしてこそのポケモントレーナーというものである。

寝る前に忘れてはいけないことがひとつ。IDくじとふしぎなアメの回収である。それぞれ一日に一回ずつしかできないため、忘れてしまうと非常に損した気になる。

日付が変わってすぐに回収に行くことで取り忘れを極力減らしていく。ポイントアップにしろふしぎなアメにしろ多くあって困るものではないのだから、日頃の積み重ねが重要なのである。

新し構築で一気にレートを伸ばすことができた。明日の朝のPGLでレートと順位を確認するのを楽しみにしながら眠りにつく。こうしてポケモン廃人の一日が終わっていく……。

※この記事はすべてフィクションです。実在する人物などとは関わりはありません。

いやホントに、朝レートはたしかにたまにやるし仕事中いつも構築のことばっか考えてたりするけどもこれはあくまでフィクションであってわたしの話ではないです。はい。